本文へスキップ

アステック株式会社 応用化学事業部は科学機器を取り扱う専門商社です。

TEL.03-3366-0811

〒163-0075 東京都新宿区高田馬場4-39-7 高田馬場21ビル

 VUV社製 GC用UV検出器によるデコンボリューション機能について


トップ新着情報VUV社製 GC用UV検出器 VGA-100によるデコンボリューション機能について


VUV社製 GC用UV検出器VGA-100によるデコンボリューション機能をご紹介いたします。

測定波長領域は120~240nmです。
得られた吸収スペクトルの形状から化合物の定性、強度から定量を行います。

GC分析では分子量や沸点が近いもの、異性体などがカラムから共溶出してピークが重なることがあります。
そのピークを化合物ごとに分離することをデコンボリューションといいます。

VGA-100は化合物の吸収スペクトルを用いてデコンボリューションを行います。
吸収スペクトルは化合物によって特有のものです。
よって、異性体もVGA-100を用いれば分離することが可能です。

今回は、アセトンとエタノールが共溶出したピークを分離して検量線を作成しました。
アセトンとエタノールの吸収スペクトルは以下の通りです。

アセトンの吸収スペクトル


エタノールの吸収スペクトル



得られたクロマトグラムは以下の通りです。



ピークを拡大した図が以下の通りです。

このピークの吸収スペクトルは以下の通りです。



ソフトウェアはライブラリーにある吸収スペクトルと自動でフィッティングを行い、化合物の定性を行います。

今回は、得られた吸収スペクトル(紫色)はアセトン(緑色)とエタノール(赤色)の吸収スペクトルの合算である結果が得られました

次に、分離した吸収スペクトルから共溶出したピークを分離した結果を示します。
これらの作業はソフトウェアが自動で行います。



アセトン、エタノールそれぞれのピーク面積を得ることができました。

濃度を変えて検量線を作成しました。




この検量線を使用してアセトンとエタノールの濃度比の異なる溶液を測定しました。

アセトン:既知濃度 40.29mM 測定濃度 39.44mM
エタノール:既知濃度 17.15mM 測定濃度 18.75mM

VGA-100で得られたアセトンとエタノールの共溶出ピークをデコンボリューション機能で分離し、検量線を作成しました。
異性体の分離、検量線の作成共に良好な結果が得られました。

VUV社製 GC用UV検出器 VGA-100 はデコンボリューション機能によって化合物を分離することができ、吸収スペクトルから化合物を定性できるツールです。


弊社取扱いの製品一覧はこちらから
VUV社製GC用UV検出器の製品ページはこちらから

ナビゲーション

アステック株式会社 応用化学事業部

〒163-0075
東京都新宿区高田馬場4-39-7
高田馬場21ビル

TEL 03-3366-0811(代)
FAX 03-3365-5577