本文へスキップ

アステック株式会社 応用化学事業部は科学機器を取り扱う専門商社です。

TEL.03-3366-0811

〒163-0075 東京都新宿区高田馬場4-39-7 高田馬場21ビル

 ARC社製 ポリアーク(Polyarc™)の紹介 ~検量線を使用しない定量について~


トップ新着情報ARC社製 ポリアーク(Polyarc™)の紹介 ~検量線を使用しない定量について~



ポリアークはGC-FID用に設計されたユニバーサルメタナイザーです。
GCカラムとFIDの間に設置することでカラムから溶出される含炭素化合物をメタンにして測定します。
この装置を使用する主な利点は以下の通りです。

1. FIDで感度の低い化合物の感度上昇(CO、CO2、ホルムアルデヒド、ギ酸等)
2. 内部標準物質の濃度と面積値から各化合物の半定量

今回は内部標準物質の濃度と面積値からの各化合物の定量を行います。

トルエンにアセトニトリル、酢酸エチル、アニリン、1-オクタノール、ドデカン、1-ドデカノールを添加し、
ポリアークを設置したGC-FIDで測定しました。
分析条件は以下の通りです。

Sample

:アセトニトリル、酢酸エチル、アニリン、1-オクタノール、

 ドデカン、1-ドデカノール トルエンベース

GC-FID 

:アジレント社製7890A

Column

DB-5, 30m, 0.32mm ID, 0.25um

Carrier Gas

:ヘリウム 2.6mL/min (コンスタントフロー)

Injection

0.1 μL split (5:1), 250 injection temperature

Agilent 5190-2295 inlet liner

Oven

40(6) → 10/ min)125 25/ min) → 250(2)

ポリアーク ガス

:水素 35mL/min , エアー 2.5mL/min

ポリアーク 温度

450

FID条件

:水素 1.5mL/min , エアー 350mL/min

メイクアップ 20mL/min, 315


ドデカンを内部標準物質としてドデカンの炭素モル濃度とピーク面積からの各化合物の濃度を算出しました。
概算濃度と算出した濃度、誤差は以下の通りです。



5%以内の誤差で各化合物の定量を行うことができました。
得られたクロマトグラムは以下の通りです。



詳細は以下の資料をご覧ください。


ポリアーク付GC-FIDによる検量線を使用しない定量方法の精度


弊社取扱いの製品一覧はこちらから
ARC社製ポリアークの製品ページはこちらから

ナビゲーション

アステック株式会社 応用化学事業部

〒163-0075
東京都新宿区高田馬場4-39-7
高田馬場21ビル

TEL 03-3366-0811(代)
FAX 03-3365-5577