本文へスキップ

アステック株式会社 応用化学事業部は科学機器を取り扱う専門商社です。

TEL. 03-3366-0811

〒163-0075 東京都新宿区高田馬場4-39-7 高田馬場21ビル

油分・脂肪分析装置Fat analysis


トップ製品一覧>油分・脂肪分析装置


Oxford社 ファットアナライザー

日本語ソフトウェア搭載!誰でも簡単に測定可能なファットアナライザー


ファットアナライザーは、食品中の油分・脂肪分を非破壊で精度よく迅速に
かつランニングコストを抑えて測定できます。


□サンプル測定に薬品・溶媒が必要ありません。
□日本語ソフトウェアを搭載しており、誰でも簡単に測定が可能です。
□メンテナンス及びランニングコストが低く、コスト効率に優れています。
□サンプルを入れるプローブ系はφ10mm〜26mm、チューブはガラス製と
 テフロン製の2種類を用意しています。

また、油分・脂肪分の定量で使用できるメーカー純正オートサンプラーMQ-Autoもございます。

MQ-Autoの動作動画はこちらをクリック下さい。

周波数と磁場強度 23MHz(0.55T)
プローブ径と容量 10mm〜26mmφ(21ml)
オペレーション 内蔵WindowsTM PC
測定温度 40℃(標準)、-10℃〜80℃(オプション)
測定対象 アイスクリーム、バター、スナック菓子、ビスケット、チョコレート、製粉等
食品中の油分・脂肪分 
Oxford社 ホームページ  https://nmr.oxinst.com/products/qa/qc-analysers/mqc 
問合せ先  E-mail:unichem@astechcorp.co.jp
Tel:03-3366-0811 


アステック社 全自動SFC測定装置
SFC

SFC 測定装置 画像

加工油脂のSFC(固体脂含有率)を全自動で測定!

加工油脂のSFC(固体脂含有率)をユーザーのテンパリング条件に沿って全自動で測定します。

□サンプルのテンパリング時間は全て一定になるようにプログラムされています。
□冷却方式は冷凍機を使用した冷媒循環方式です。
 ペルチェ方式に比べて電力消費量や冷却能力に優れています。
□大量にサンプルを測定する必要がある品質管理や、低レベルのSFCを精度よく測定す る研究で違いが出ます。

 SFC-2000  SFC-3000  SFC-2000R SFC-3000R
恒温槽数  8 9  8  9 
サンプル穴数  40 20 40  20 
オペレーション  手動 手動  全自動  全自動 
設定温度    0℃〜60℃
検出装置  MQC+23   
大きさと重量  W850xH850xD730mm   
測定対象 加工油脂の固体脂含有率(SFC)、食品油の固体脂指数(SFI) 
問合せ先  E-mail:unichem@astechcorp.co.jp
Tel:03-3366-0811 


アステック社 全自動油分測定装置
油分 測定 装置 画像
   

食品中の油分を全自動で測定

全自動油分測定装置は食品中の油分をユーザーの希望する条件に沿って全自動で測定します。

□サンプルの測定時間は全て一定です。
□測定条件はユーザーが簡単に設定可能

恒温槽数  24
オペレーション  全自動
検出装置  MQC+23   
大きさと重量  W1500xH700xD800mm   
問合せ先  E-mail:unichem@astechcorp.co.jp
Tel:03-3366-0811  


オムニオン社 OSI 酸化安定度試験装置 24チャンネル 

酸化安定度試験装置 OSI 画像

 

【 特徴と性能 】
OSIは、動植物油脂中の揮発性分解生成物を純水中で捕集し、その導電率の変化をコンピュータで自動的に検出して酸化安定度を評価する装置です。測定データはコンピュータへ自動的に出力し、計算される為、監視作業は必要ありません。導電率/時間カーブも常時モニターされています。1つの温度で最大24サンプル測定できるOSI-24を用意しております。 使い捨てテストチューブを使用。特殊なデザイン、高価なセル不要。測定中、他のサンプルに影響なしで終了したサンプルを取り除き、新しいサンプルをセットできる。センサーは壊れ難く、耐化学薬品性。

【 用途 】
食油、バイオ燃料、化粧品

カタログ資料
OSIカタログ(英文)

測定時間 1〜250時間
測定温度範囲 40〜200℃、±0.03℃
空気流量 0〜150mL/min
測定チャンネル数 24チャンネル
容器サイズ 25φmm x 200Hmm
公定法 AOCS cd 12B92
問合せ先 E-mail:unichem@astechcorp.co.jp
Tel:03-3366-0811   

オムニオン社 OSI 酸化安定度試験装置 6チャンネル 
      酸化安定度試験装置 OSI 画像

 

【 特徴と性能 】
OSIは、動植物油脂中の揮発性分解生成物を純水中で捕集し、その導電率の変化をコンピュータで自動的に検出して酸化安定度を評価する。測定データはコンピュータへ自動的に出力し、計算される為、監視作業は必要ありません。導電率/時間カーブも常時モニターができる。1つの温度で最大6サンプル測定できるOSI-6を用意。 使い捨てテストチューブを使用。特殊なデザイン、高価なセル不要。測定中、他のサンプルに影響なしで終了したサンプルを取り除き、新しいサンプルをセットできる。センサーは壊れ難く、耐化学薬品性。

【 用途 】
食油、バイオ燃料、化粧品

カタログ資料
OSIカタログ(英文)

測定時間 1〜250時間
測定温度範囲 40〜200℃、±0.03℃
空気流量 0〜150mL/min
測定チャンネル数 6チャンネル
容器サイズ 25φmm x 200Hmm
公定法 AOCS cd 12B92
問合せ先  E-mail:unichem@astechcorp.co.jp
Tel:03-3366-0811   

ナビゲーション

アステック株式会社 応用化学事業部

〒163-0075
東京都新宿区高田馬場4-39-7
高田馬場21ビル

TEL 03-3366-0811(代)
FAX 03-3365-5577