本文へスキップ

アステック株式会社 応用化学事業部は科学機器を取り扱う専門商社です。

TEL.03-3366-0811

〒163-0075 東京都新宿区高田馬場4-39-7 高田馬場21ビル

 試料前処理 SAMPLE PRETREATMENT

トップ製品一覧試料前処理

  SCP SCIENCE社製 マイクロウェーブ式試料前処理装置 NOVAWAVE SA
<特徴@ 各容器の温度をモニターし温度状況によってマイクロ波出力を自動調節>

NovaWAVEには容器12本に対して12ケの温度センサーと12ケのマグネトロン(マイクロ波を照射するためのもの)を搭載しています。 各容器の温度を個別にモニターしその温度状況によってマイクロ波の出力を自動で調整します。 そのため、容器ごとの温度ムラを抑制することができ、安全に酸分解を行うことができます。また分解の再現性を得ることが出来ます。

NovaWAVEはマイクロ波を容器の下部にフォーカス照射します。この照射方法は従来の反射板を使った方法よりも効率的にマイクロ波と酸の反応を促すことが出来ます。


<特徴A 異なるサンプルも同時に分解可能>
サンプルごとに酸と温度による反応性は異なります。 そのため、サンプルごとの分解メソッドが必要となります。 例えば、食品サンプルと樹脂サンプル NovaWAVEはマイクロ波を出力するマグネトロンを12ケ搭載しており、一回のサイクルで12通りのメソッドを組むことが出来ます。 これはマグネトロンが1つしか搭載していない従来のマイクロ波試料分解装置ではできない事です。 NovaWAVEは分解作業をより効率的にできるよう設計されています。



<特徴B 安全に分解できる設計>
酸分解ではサンプルと酸が温度の上昇とともに反応性が増し、異常昇温を起こし爆発するリスクがあります。
NovaWAVEは12ケの容器の温度をそれぞれモニターし異常昇温などの昇温メソッドと異なる動作をした際にマイクロ波を容器ごとに自動で停止する機能を有しています。




<用途>
ICP-OES ICP-MS , 原子吸光分光光度計、原子蛍光光度計などの機器でサンプルを測定する前の前処理


NOVAWAVEのデモ映像公開中

<カタログ>
https://www.ipros.jp/product/detail/2000172055/
<特集ページ>
無機分析自動化ツールの紹介


  SCP SCIENCE社製 酸対応サンプルハンドラー EasyPREP

本装置は無機分析の前処理工程を自動化するための装置です。
SCP SCIENCE社製のDigiTUBEsやNovaWAVE用容器に対応しています。
検量線用の標準液の作成、酸の添加、内部標準液の添加、分解後の溶液の定容など様々な操作を自動で行います。


<特徴>
シリンジポンプを使用した正確な送液
1mL、5mL、10mL、25mLのサイズのシリンジを用意
フッ素などの危険な酸にも対応(50%を超える硫酸は非対応)
□ 超音波センサーを使用した正確な定容
□ フッ化性ガスを使用した溶液の均一化
□ 他メーカーの容器を含むラックのセットが可能

□ コンタミネーションを最大限抑える様に設計されています。

EasyPREPの各機能を紹介している動画は下記からご覧ください。
EasyPREPのデモ映像公開中

<特集ページ>
無機分析自動化ツールの紹介

ナビゲーション

アステック株式会社 応用化学事業部

〒163-0075
東京都新宿区高田馬場4-39-7
高田馬場21ビル

TEL 03-3366-0811(代)
FAX 03-3365-5577