本文へスキップ

アステック株式会社 応用化学事業部は科学機器を取り扱う専門商社です。

TEL.03-3366-0811

〒163-0075 東京都新宿区高田馬場4-39-7 高田馬場21ビル

分光光度計装置Spectrophotometer


トップ製品一覧分光光度計装置

オンラインインストルメンツ社 RSM1000ストップトフロー分光光度計 >詳細  
 分光光度計 RSM1000  

【 特徴と性能 】
1000スキャン/秒の高速スキャン機能をもち、高速回転スリット、検出器等の光学ユニットを交換することにより、180nm〜1500nmの波長域を優れた分解能と低ノイズでスキャンが可能。収録生データは、吸光度,蛍光度,発光度等をコンピュータ解析できるように吸光度と対波長値を同時に収録し、PCで3次元プロットが可能。標準装備のRobust Global Fitで1〜4因子の動的フィットやメカニズムを選択し、解析できる。ストップトフロー分光分析、光分解分光分析、発光・蛍光・燐光分析、ピコ秒レーザ光反応分析等の応用。

【 用途 】
吸光・蛍光・発光分光分析、ヘモグロビン反応、酵素と基質反応、ミトコンドリアやバクテリア内の電子移動連鎖反応、中間生成物の研究

最速スキャン速度 100スキャン/sec(3x102nm/sec)
測定波長範囲 350〜700nm又は700〜1100nm
(光学素子の組み合わせで異なる)
測定方式 ダブルビーム
検出範囲 0.0001〜3Abs
検出器 光電子増倍管 x2
光源 75W(標準)、150W、450W

  オンラインインストルメンツ社 DSM1000/17/20円二色性分散計  >詳細 
分光光度計

【特徴と性能】
DSM(デジタル差法)CDスペクトルメーターは、デュアル光学システムを使用し、測定ビームからの100%の光を利用し、真のサンプル/リファレンスデータを取得できる。両円偏光ビームは同時にサンプルに照射される。直接そして正しい絶対計算のCD=abs(L)-abs(R)の基になる左右円偏光でのサンプル効果が検出される。

【用途 】
光学活性物質、高分子の二次構造

方式 デュアルビームデジタル直差式
光源 150W(標準)
モジュレーター 50KHz
RMSノイズ 0.01m0@220nm以上
波長範囲 170〜5400nm(標準)

ナビゲーション

アステック株式会社 応用化学事業部

〒163-0075
東京都新宿区高田馬場4-39-7
高田馬場21ビル

TEL 03-3366-0811
FAX 03-3365-5577