アプリケーション 電磁誘導高速加熱合成について

電磁誘導高速加熱合成について

特許出願中の誘導加熱(IH)と振動ミキシングのテクノロジーは、わずか数秒で設定温度に到達し、温度のオーバーシュートを引き起こさずに制御することができます。設定できる温度範囲は25℃~90℃です。このヒーターとミキシングの技術により均一な温度プロファイル、溶媒と試薬の均一な混合、高収率を保証します。 さらに標準で使用可能な窒素混合と組み合わせることで、正確で再現性のあるペプチド合成のために反応パラメーターを完全に制御できます。

高速加熱合成の合成例

βアミロイドの合成

 

Aip-ACP合成

関連製品

Purepep Chorus

Symphony X

Sonata