パルスNMRを利用した石油化学製品測定のご紹介

パルスNMRを利用した石油化学製品の測定アプリケーションのご紹介

化学工業では、化学プロセスを用いて原料を反応させて製品を作ります。化学品は、汎用化学品と特殊化学品に分類されます。汎用化学品は大量に連続的に生産されるのに対し、特殊化学品メーカーはより高価な化学品を少量ずつバッチ単位で生産しています。

Oxford Instruments社製ベンチトップ・パルスNMR MQC+は、以下のアプリケーションを一例に石油化学製品の測定で使用されています。
・航空燃料中の水素含有量
 ※ASTM D7171に準拠しています。
・他の残留物、軽油、残油の水素含有量
 ※ASTM D4808cωNMRメソッドに準拠しています。
・石油製品のワックス含有量
・ワックス中の油分量
 ※ASTM D721-06/ IP 158の代替法

Oxford Instruments社製ベンチトップ・パルスNMR MQC+は測定の際に化学薬品や溶剤の仕様が不要で、サンプリングから測定まで約30分で行うことができます。
関連製品の装置をクリックすると、装置紹介ページへ進むことができます。
また、アプリケーション等の資料請求に関しては、「お問い合わせ」から弊社へご連絡ください。

関連製品

ベンチトップ・パルスNMR MQC+