アプリケーション JIS K 0102 排水の無機分析

   
   
排水、環境水、水道水などに含まれる重金属の測定はJIS K0102に定められている方法で行うことが一般的です。
その測定方法にはICP-AES、ICP-MS、フレーム原子吸光法などがあります。
測定の前に各サンプルに含まれる有機物を酸で分解する必要があります。
その分解方法はJISに定められています。

サンプル100mLに対して塩酸5mLまたは硝酸5mLを加え、加熱し、煮沸します。
放冷後、水で一定量にメスアップし、測定液とします。
*測定元素やサンプルによって加える酸の種類が変わることがあります。
*ろ過やキレート処理などの前処理が工程に入る可能性があります。

サンプル数が多い場合、これらの作業は手間がかかり、作業ミスなどが起きる可能性があります。
弊社で取り扱っているEasyPREPをDigiPREPと組み合わせて使うことで作業を自動化することができます。
EasyPREPがユーザーの代わりに作業を行うことによってユーザーはより有意義な作業に時間を費やせます。

関連動画 EasyPREPによる水道水の前処理

 

関連製品

EasyPREP