アプリケーション 金属の酸分解

   
   
金属材料の成分分析としてICP発光分析装置で無機元素を測定することがあります。
金属材料をそのままICP発光分析装置で測定することはできません。
酸分解などの前処理を行って溶液化する必要があります。
酸分解に使用する酸は金属材料の種類によって様々です。
しかし、どの酸も基本的には有害であり出きれば触れたくないものです。
また、処理するサンプル数が多いと作業を誤ってしまうことがあります。
これらのことから金属材料の前処理において自動化がお勧めです。

弊社が取り扱っているサンプルハンドラーEasyPREPと加熱分解システムDigiPREPを組み合わせてることで金属材料の前処理を自動化します。

関連動画

 

関連製品

NovaWAVE

EasyPREP