ベンチトップNMR MQC+

 
 

食品、繊維、ポリマー、石油等幅広い用途で使用できる卓上型パルスNMR装置

Oxford Instruments社製パルスNMR装置 MQC+は、物質中のプロトン原子を共鳴させ、その信号の緩和曲線から、油分・水分・固体脂肪分の測定や、結晶性や高分子の密度といった物性分析を行うことが可能です。

  • 測定には検量線方を使用しており、日本語対応ソフトウェアの指示に従うだけで検量線の作成、未知サンプルの測定ができます。
  • サンプル前処理は基本サンプルチューブに入れるだけであり、溶媒や化学物質は使用しません。
  • オプションのオートサンプラーMQ-Autoにより自動化できます。

全自動サンプル測定用ロボットコントローラー MQ-Auto

Oxford Instruments社製MQ-AutoはMQC+専用に開発された全自動オートサンプラーです。

□ 装置は全て安全カバー内部に収容されており、測定中に問題があれば自動で停止する様に設計されています。
□ サンプルの重量測定も装置が自動で測定できます(※オプション)。








装置仕様

<装置周波数>
23.4MHz(0.55T)、5MHz(0.12T)

<プローブ径>
10mm(2ml)、18mm(8ml)、26mm(21ml)、40mm(50ml)、51mm(78ml)、60mm(100ml)

<測定部温度>
□ 40℃(標準)
□ -10℃~80℃(液体可変プローブ(10mmまたは18mm)、オプション)
-100~200℃での測定をご希望の場合は、研究開発用TD-NMR MQC-Rをご覧ください。

<リモート操作>
インターネット経由で外部のPCによるソフトウェアのリモート操作が可能。

アプリケーション


□ 食品
  ・食品中の油分量
  ・チョコレート中の油分量
  ・ポテトチップス等のスナック菓子中の油分量
  ・固体脂含有量(SFC) ※AOCS Cd 16b-93、ISO 8292-1、IUPAC 2.150等に準拠
  ・大豆等の種子中の水分・油分量
□ 繊維
  ・OPUの定量
  ・FoYの定量
  ・繊維のスピンフィニッシュ
□ 石油
  ・燃料中の水素含有量
  ・ワックス中の油分量
  ・石油製品中のワックス含有量
□ ポリマー
  ・ポリプロピレン中のキシレン可溶物
  ・PVC中の可塑剤
  ・ポリマー密度及び結晶化度
  ・ポリマーの分子量
  ・ゴム中の油分及びフッ素含有量
□ フッ素
  ・粉末中のフッ素含有量(例:蛍石、アルミナ)
  ・歯磨き粉中のフッ素含有量
□ その他
  ・T2緩和時間測定
   ・FID法
   ・Solid-echo法
   ・CPMG法
   ・HAHN-echo(スピンエコー)法
  ・T1測定
  ・地質
  ・多孔サンプルの細孔分布測定
  ・生体組織中の自由水/結合水の研究

その他測定に関しては「問い合わせはこちらから」からご連絡ください。