低分解能 高性能パルスNMR MQR

   

イメージング向けオプションを備えたパルスNMR

MQRは、緩和時間測定や拡散測定の応用を目的とする、研究開発向け、低分解能、高性能パルスNMR(TD-NMR)システムです。
このシステムには、高性能デジタル分光器、23MHz(0.54T)の永久磁石が使用されています。
また、オプションにはイメージングに適した20MHz磁石へのアップグレードも含まれています。

装置仕様

<装置周波数、測定核種>
23MHz(0.54T)、1H

<プローブ径>
10mm、18mm、26mm

<可変温度帯>
□ -30℃~150℃

<パルスシーケンス例>
□ T2緩和時間測定
 ・ FID法
 ・ Solid-echo法
 ・ CPMG法
 ・ HAHN-echo(スピンエコー)法 等
□ T1インバージョン・リカバリー測定
□ T1サチュレーション・リカバリー測定
□ 1-Dプロファイル(グラジエントオプションが必要)
□ 拡散測定(グラジエントオプションが必要)

<解析ソフト>
□ WinFit - カーブフィッティング用ソフトウェアー
  ・ガウシアンカーブを含むエクスポネンシャル・カーブフィッティングで
   最大4成分までのフィッティングが可能
  ・各成分の緩和時間と成分比を自動で計算
□ WinDXP - 逆ラプラス変換用T2ディストリビューションソフトウェアー

<オプション>
□ 磁場勾配(パルスフィールドグラジエント)
□ T1ρ機能
□ イメージング
 
<アプリケーション>
□ エマルジョン中の液滴サイズ分布の測定

ウェビナー

過去のウェビナーはこちらからご覧できます。