パルスNMRを利用した油糧種子の水分・油分分析

パルスNMRを使用した油糧種子の水分・油分分析

植物油を得るための種子の育種、栽培、加工は、主要な世界的産業です。
種子中の油分および水分は、植物の育種から商業的農業、製粉、加工まで、業界のあらゆる段階で把握しておく必要がある重要なパラメータです。
このようにして得られた油は、食料品、バイオ燃料の製造、そして多くの製品の化学原料として使用されています。

ベンチトップ・パルスNMR MQC+は、種子に含まれている油分と水分の分析を、非常に速く、簡単な操作で測定することができます。

MQC+による分析方法は、種子中の油分および水分はISO-10565、種子残渣中の油分および水分はISO-10632の国際規格に準拠し、
ヒマワリ種子の測定についてUSDA-GIPSA承認済です。
MQC+は、種子の品質管理だけでなく、育種やその他の研究にも使用することができます。
MQC+専用オートサンプラーMQ-Autoを使用することで、測定を自動化することも可能です。

<関連アプリケーション>
□ 食品中の油脂・脂肪分析

関連製品

ベンチトップ・パルスNMR MQC+