NMRを使用した細孔スロート分布と水和性の測定

NMRを使用した細孔スロート分布と水和性の測定

Pc曲線が得られたら、ウォッシュバーン方程式を使用して細孔スロート分布を計算できます。
NMR Pc測定によって生成された吸収曲線と二次排水曲線も、USBMの水和性を予測することが可能です。
これらの計算は両方ともソフトウェアに統合されており、NMRPcデータの自然な結果として続きます。

もう一つの利点は、NMR測定が非破壊的であり、リザーバー液とリザーバーの水和性測定で使用できることです。
<関連アプリケーション>
□ 毛細管圧力の測定
□ 液体分析
□ 孔径分布の測定
□ 全孔隙率、BVI、FFI、CBW、T2カットオフの測定
□ 坑井ログデータの校正

関連製品

 

シェールオイル・ロックコア   分析用NMR装置   Geospec