NMRを使用した坑井ログデータの校正

NMRを使用した坑井ログデータの校正

ダウンホールNMRツールは、石油とガスの探査プロセス中に定期的に実行され、貯留層エンジニアに貴重な情報を提供します。
ツールは、深さの関数としてT2分布を測定します。
T2は、細孔サイズに直接関係する可能性があり、正しいT2カットオフを使用すると結合流体と自由流体を決定できます。
これらの値を使用して、回収可能な埋蔵量を見積もることができます。


多くの場合、ログデータサービス会社はデータセット全体の単一のT2カットオフ値を使用してNMRログを分析します。
ただし、細孔径の分布がWell内のさまざまなポイントで異なる場合、これは不正確な予測につながる可能性があります。
最良の結果を得るには、各深度に正しいT2カットオフ値を適用してダウンホールログデータを調整する必要があります。
このプロセスは検層キャリブレーションとも呼ばれ、ラボベースのGeoSpecを使用してさまざまな深度からのサンプルのT2カットオフ値を測定することによって実行されます。
次に、正しいT2カットオフ値をNMR検層データのさまざまなセクションに適用して、より信頼性の高い結果を得ることができます。

<関連アプリケーション>
□ 毛細管圧力の測定
□ 液体分析
□ 孔径分布の測定
□ 細孔スロート分布と水和性の測定
□ 全孔隙率、BVI、FFI、CBW、T2カットオフの測定

関連製品

 

シェールオイル・ロックコア   分析用NMR装置   Geospec