アプリケーション 繊維の付着油剤量(OPU)の測定

パルスNMRを使用した繊維の付着油剤量(OPU)の測定

合成繊維は、糸に加工され、その後織られたり、編まれたりして織物として加工されますが、その効率的な加工は、表面摩擦係数や静電荷を含む多くの特性によるものです。
これらの特性の制御は、合成繊維、なかでもアクリル繊維、ポリエステル繊維、ポリプロピレン繊維、ポリアミド繊維を含む合成繊維上に慎重に制御された量の油性コーティングを施すことによって行うことができます。

これらの液体コーティングは、時には合成繊維製造における繊維押出しのような初期の段階、また時には織布または不織布への塗布のように後の段階など、製造工程のさまざまな段階で施されます。

液体コーティングは、スピン仕上げ(SF)、繊維上仕上げ(FoF)、オイルピックアップ(OPU)、梳綿潤滑剤、梳綿油、短繊維仕上げ(SFF)、テクスチャオイル、コーニングオイル、糸仕上げ(FoY)、糸上潤滑(LoT)、糸潤滑剤(LY)など様々な名称で知られています。

繊維製品仕上げのための適正量の液体コーティングは、性能と経済的理由の両方にとって重要です。コーティング量が多すぎると、不十分な繊維間の密着、下工程の機械への付着、制御不十分な繊維の挙動、染色など下工程での問題、そしてもちろん、非常にコストに敏感な繊維業界では、過剰なコーティングは不必要なコストの増加につながります。
反対に、過少なコーティングは、過度の摩擦による問題がおき、糸切れや過度の静電荷の蓄積を引き起こし、不安定な繊維の挙動や下工程での性能を制御できない原因となる可能性があります。

Oxford Instruments社製ベンチトップNMR MQC+は、油性コーティングの測定において、従来の溶媒抽出法および市販の他の機器に比べ、以下のような多くの利点があります。

・非熟練者に適した簡単で直感的な方法の提供
・溶剤やその他の媒体不使用
・試料前処理不要、繊維を直接測定
・優れた再現性により、低濃度でも正確な測定が可能
・業界をリードする大容量チューブによる、簡単な試料前処理と優れた試料選択法
・約1分の測定時間

さらに、MQC+は特定の用途や後の工程の前処理として重要な、フッ素化コーティング、ゴムのようなエラストマーコーティング、繊維の結晶化度や仕上げ除去などを測定するためにも使用することができます。

関連製品

 ベンチトップNMR MQC+