NMRを使用した細孔径分布の測定

NMRを使用した細孔径分布の測定

NMRは、気孔率と気孔サイズの分布を簡単かつ迅速に測定できます。
基本的に、NMRシグナルは、サンプルが磁場に置かれ、無線周波数(RF)エネルギーの短いパルスで励起されると、液体(油またはブライン)から生成されます。
パルスの直後に、NMRシグナルが現れ、T2で知られている特徴的な緩和時間または減衰率で消滅します。
パルスの直後のシグナルの振幅は、存在する全流体の指標であり、シグナルのT2は、流体の物理的環境(つまり、流体が配置されている細孔のサイズ)に関する貴重な情報を提供します。
次に、NMRデータを反転して、複合NMRシグナルを処理し、構成要素に分離します。
長いT2は大きな細孔に由来し、短いT2は小さな細孔に由来するため、このT2分布は、コアの細孔サイズ分布のモデルになります。

関連製品

シェールオイル・ロックコア   分析用NMR装置   Geospec