アプリケーション 残留溶媒分析

ポリアークを使用して残留溶媒分析をより簡単に

残留溶媒は、医薬品製造に用いられる化合物です。これらの溶媒は、製造工程で完全には除去されない可能性がります。消費者の健康と安全を確保するために残った量を分析する必要があります。
残留溶媒の分析はGC/FIDで行われていますが、多くの化合物(例:ギ酸、ホルムアミド)はFID応答が乏しく、正確な定量が困難になります。
ポリアークシステムは、検出前に炭素含有化合物をメタンに変換します。これにより化合物ごとの応答の違いを減らします。
ポリアークを使用すると、高度に官能基化された化合物の感度も向上し、より正確な結果が得られます。

関連資料

ポリアーク付きGC-FIDによるヘテロ原子を含む化合物の分析 >
・ポリアークによるE&L分析ポスター >

関連製品

ポリアーク