本文へスキップ

アステック株式会社 応用化学事業部は科学機器を取り扱う専門商社です。

TEL. 03-3366-0811

〒163-0075 東京都新宿区高田馬場4-39-7 高田馬場21ビル

 ペプチドシンセサイザー Peptide synthesizer

トップ製品一覧ペプチド合成装置

ペプチド合成装置一覧  

米国No.1ペプチド合成装置メーカーGyros Protein Technologies社製ペプチド合成装置はこちらです。

 
Purepep™Chorus
マルチスケールペプチド合成装置
 

2・4・6チャンネルアップグレード可能!!
独立温度制御&パラレル高速合成
 prelude ペプチド合成装置
PreludeX
6チャンネル独立誘導加熱と最小限の溶媒消費で、短時間でより多くのペプチド合成を可能に
 
SymphonyX
24チャンネル完全独立反応ペプチド合成装置
 




Tribute
Intellisynth®UVリアルタイムモニタリング、加熱及びボルテックスミキシングによる2チャンネル同時反応ペプチド合成装置

Sonata
ミッドスケール及びスケールアップ向けペプチド合成装置


PS3
取り扱いが容易な卓上ペプチド合成装置

ペプチド合成用試薬  

米国Gyros Protein Technologies社がお届け致します。ペプチド合成用アミノ酸試薬をご提供いたします。

ペプチド合成用試薬カタログ
Peptide chemical catalog2020.pdf


資料請求先: TEL:03-3366-0811, E-mail: unichem@astechcorp.co.jp

文献集

弊社取扱いの米国Gyros Protein Technologies社製ペプチド合成装置Preludeを使用し国内で発表されている論文の一部をご紹介しています。
下記をクリックしリンク先をご確認ください。

Synthesis and structureactivity relationship studies of IgG-binding peptides focused on the C-terminal histidine residue 
Kyohei Muguruma, Mayu Ito, Akane Fukuda, Satoshi Kishimoto, Akihiro Taguchi, Kentaro Takayama, Atsuhiko Taniguchi, Yuji Ito and Yoshio Hayashi  Med. Chem. Commun., 2019, in press.

doi: org/10.1039/C9MD00294D

ご協力元:東京薬科大学 薬学部 薬品科学教室

Kinetics-Based Structural Requirements of Human Immunoglobulin G Binding Peptides
Kyohei Muguruma, Konomi Fujita, Akane Fukuda, Satoshi Kishimoto, Soichiro Sakamoto, Risako Arima, Mayu Ito, Mayu Kawasaki, Shogo Nakano, Sohei Ito, Kanade Shimizu, Akihiro Taguchi, Kentaro Takayama, Atsuhiko Taniguchi, Yuji Ito, Yoshio Hayashi  ACS Omega, 2019, 4, 14390-14397

doi: org/10.1021/acsomega.9b01104

ご協力元:東京薬科大学 薬学部 薬品科学教室

また、海外で発表されている米国Gyros Protein Technologies社の文献はこちらからご覧ください。

ナビゲーション

アステック株式会社 応用化学事業部

〒163-0075
東京都新宿区高田馬場4-39-7
高田馬場21ビル

TEL 03-3366-0811(代)
FAX 03-3365-5577