研究開発用パルスNMR MQC-R


   

プロトンの緩和時間測定及び解析に特化したパルスNMR

ガス温度可変システムを採用し、プロトンの緩和時間測定及び解析に特化して作られたパルスNMR装置(TD-NMR)です。
一般的に使用されているT1、T2測定に加え、ユーザーが必要なパルスシーケンスをあらかじめプログラムしておくことができます。
架橋度や相転移、重合度の研究に優れています。
また、オプションのパルスフィールドグラジエントオプションにより、拡散測定を行うことも可能です。

装置仕様

<装置周波数、測定核種>
25MHz(0.55T)、1H

<プローブ径>
10mm

<可変温度帯>
□ -60℃~150℃(連続での使用)
□ -100℃~200℃(測定する場合のみの使用)

<パルスシーケンス例>
□ T2緩和時間測定
 ・ FID法
 ・ Solid-echo法
 ・ CPMG法
 ・ HAHN-echo(スピンエコー)法 等
□ T1インバージョン・リカバリー測定
□ T1サチュレーション・リカバリー測定

<解析ソフト>
□ WinFit - カーブフィッティング用ソフトウェアー
  ・ガウシアンカーブを含むエクスポネンシャル・カーブフィッティングで
   最大4成分までのフィッティングが可能
  ・各成分の緩和時間と成分比を自動で計算
□ WinDXP - 逆ラプラス変換用T2ディストリビューションソフトウェアー
□ MultiQuant - 検量線作成用ソフトウェア
  ・測定結果から検量線をインタラクティブに作成し、濃度が未知のサンプルを測定します。
  ・NMRの専門的な知識は必要ありません。

<リモート操作>
インターネット経由で外部のPCによるソフトウェアのリモート操作が可能。

<オプション>
□ 磁場勾配(パルスフィールドグラジエント)

ウェビナー

過去のウェビナーはこちらからご覧できます。