アプリケーション 水分分析

GC-VUVを使用した水分析

含水量の測定は、化学産業の多くの分野で必要な測定であり、その遍在性のために測定することは本質的に困難です。従来、有機溶媒を含む材料の含水量は、カールフィッシャー滴定またはGC-TCDを使用されていました。ただし、これらの手法はどちらも、感度、再現性、または使いやすさに制限があります。
GC-VUVは、有機溶媒中の水分を測定するための強力でありながらシンプルな代替手段を提供すると同時に、サンプル中の他の化学成分の独自のスペクトル同定も可能にします。この新しい方法論の主な利点には、低い検出限界(ほとんどの溶媒で1〜10 ppm)、優れた精度(<5%RSD)、そして試薬を使用しないことがあります。

以下のデータは、Supelco Watercol1900ガスクロマトグラフィーカラムによって分離された溶媒混合物中の低レベルの水を検出するVGA100の能力を示しています。


関連製品

VGA-100